昼食を終えると三人でプラチナガーデンを散策することにした。私のキャリーケースは引き続き安藤が運んでくれる。

手荷物の煩わしさがないのは、気分がいい。

気持ちよく久しぶりに訪れたプラチナガーデンを進みながら、気になるアパレルショップに目を向けた。店頭には初夏にぴったりな淡いブルーのブラウスや白いサンダルが並んでいるのが見える。

もっとじっくり、商品を見たいな……。

そう思ったけれど、五歳の蓮くんにとって、アパレルショップは退屈な場所のはずだ。

今日から三日間は蓮くん中心の生活をしなければならない。アパレルショップを覗くのは、今度の機会にしよう。

そう自分に言い聞かせつつ、アパレルショップの前を通り過ぎる。するとすぐ先に本屋があることに気づいた。

「そうだ。蓮くん。夜寝るとき、お姉ちゃんが本を読んであげようか?」

こんなことをひらめいたのは、幼い頃に母親が読み聞かせをしてくれたのを思い出したから。安藤みたいに蓮くんに物事を教えるのは難しいけれど、本を読むことなら私にもできる。