先週発生した台風が、昨日の夕方東京へと接近し、昨晩深夜に通過していった。

今朝は朝から太陽が顔を見せ、気温はぐんぐん上昇している。

胸元に社名ロゴが入ったライトグリーンのポロシャツをインした、ネイビーのテーパードパンツ。

いつも下ろしている髪は後ろで一つに束ね、頭には胸元と同じロゴが入るネイビーのキャップをかぶる。

ウエスト部には、仕事に使う道具を収納した腰袋を付け、手にはモップ。

これが、沙帆の仕事のユニフォームだ。

両親、兄が医師という家族を持ちながら、沙帆は一人、その道には進まなかった。

もちろん、医大への道を両親には望まれた。

だけれど、沙帆は断固としてその道を拒んだのだ。

両親のようにはなりたくない。

結婚して家族を持っても、人を雇って育児も家事も任せるような家庭に、自分はしたくない。

その想いが強く、医学を志すことはしなかった。

この作品のキーワード
医者  ドクター  お見合い  政略結婚  俺様  胸キュン  イケメン  婚約  契約  運命