「うぅ〜寒いよぉぉ〜」



「寒いな」



「緊張するし!」



「あんまりやらかすなよ?」



「・・・もぉ〜!!調子に乗らないでよね?
ちょっと私に勝ったからって〜!!」



「ふはっ・・・(笑)あれは嬉しかったなぁ」



「あの時だけだからね?」







季節は巡って雪が降る二月。




今日は国公立大学の一般入試。







私と優希は青蘭大学に来ている。



この前のセンター試験の結果は優希の方が私よりも良かった。


こんなことは初めてだったのだ。




あれから、約束のために必死で勉強したんだなぁと感心しながらも、負けてしまった敗北感が強い。







「はじめ!」





監督の先生の合図でスタートした。





字を書くシャッシャという音が鳴り響く教室。






自分でもわかるくらい心臓がバクバクと波打っている。







「日向ちゃん、どーだった?」



全ての教科が終了した後、最寄りの駅に優希と二人で向かっていた。




「うーん。まぁまぁかな」



「だよね〜」



「とか言いながら自信あるんでしょ?」



「うん(笑)」



「いいよねーそんな自信あって」



「とか言いながら日向ちゃんも???」



「バレてた?(笑)」



「まじかーっ!!」





思ったより解けたし、空白もすごく少なかった。






「あとは結果を待つだけだね」



「だね」




これで二人とも受かっていたら、また私たちはくっつく。



本当にこんなことしていいのかは分からないけど、きっと優希のことを好きみたいだし、忘れられないから まぁいいかなという気持ちが芽生えた。




「受かってますように!」



「私も受かってますよーに!」


















この作品のキーワード
長編  いじめ  恋愛  学校  切ない  人気者