ーーーーーーーーーーー

あれから、二週間。

金髪の彼は、ずっと見ていない。

「南さん、呼び出しだよ?」


私…………?
誰だろ………。


廊下を見たら、黒髪の彼。

黒髪に似合わないピアスに、着崩れた制服、踏み鳴らした上靴。

んーーーー?
こんな人居たかな?

「あの、なにか………」


彼は、驚いて私を見た。
なんで驚いてるのかな?

「もう一回言う。

俺は、お前が好きだ。
付き合わねー?」


もう一回…………?

私、いつこの人に告白されたかな?

「あの、誰ですか?
私、チャラい人嫌いなんです‼」


「チャラい!?チャラくねーだろう!?
見ろよ、この黒髪。
お前のために、黒くしたんだよ‼

俺をちゃんと見ろよ‼」

ガシッーー


わかってる。
怒鳴ったって好きになる訳ない。

怖いだけなんだって……………

俺が、ルナの手を掴むと同時に、誰かが俺の手を掴んだ。


この作品のキーワード
美少女  暴走族  切ない  正体  想い  総長  仲間  モテモテ  ヤンキー  野いちご大賞