第二章 臨時の誓いのキス

 二日後、神永さんにアポイントを取るべく電話をした。

 午前十時。携帯電話に連絡を入れると五コール目で出た。

〈もしもし、神永です〉

「あさひ証券の尾関です。お世話になります」

〈あぁ、尾関さん〉

「神永さん、今お時間よろしいでしょうか?」

〈はい。どうぞ……って、これ会社から電話しているんですか?〉

「え、はい。何か?」

〈いえ、プライベートな電話ではないのですね〉

「え?」

〈せっかく連絡してきたと思ったら、仕事の話ですか。それはちょっと残念です〉

 それって、わたしからの連絡を待っていたということ?

 ドキンと胸が大きく鳴った。しかし電話の向こうからクスクスと笑う声が聞こえてきて、からかわれているのだと思う。

 もうっ! 仕事、仕事! ゴホンと小さく咳払いをして、姿勢を正す。

「要件は、先日ご依頼いただいた資産運用についてのご提案の件です。お忙しいかと思いますが、少しお時間をとっていただければと思います」

〈あぁ、そうだったね。あなたが会いにきてくれるなんてうれしいな〉

「もう、またそんなことおっしゃって……」

 ちょっと呆れたわたしは冗談を取り合わず、ビジネスライクに返した。そしてアポイントを取り付けると、電話を切った。

この作品のキーワード
結婚  社長  ウエディング