第五章 甘い言葉はペンギンにのせて

日曜日の十三時半。

わたしは水族館のある海浜公園の駅に降り立つ。

家族連れ、学生のグループやカップルが水族館に向かうなか、きょろきょろと神永さんの姿を探していた。

少し仕事を済ませてから迎えに来てくれるといったけれど、それだと神永さんに負担がかかると思い、申し出を断って水族館のある駅で待ち合わせをすることにした。

いた――遠目で見てもすぐにわかるって、イケメンって便利だな。

十メートルくらい先、壁にもたれてスマートフォンをいじっている彼がいた。

白いデニムにカットソー。それに水色のストライプのシャツを羽織っている。いつものスーツの彼とは違うラフなスタイルなのに、通り過ぎる女性同士のグループがチラチラと彼を見て、きゃあきゃあ言っている。

彼はというと、そういうことは日常茶飯事なのか特に気にする様子もなくスマートフォンの画面を眺めたままだった。

女性の視線が集まる中、神永さんに駆け寄る勇気がない。

一応、それなりの格好はしてきたつもりだ。

いや、かなり悩んで悩んで昨日の仕事帰りに、デパートに駆け込んだ。

ひとりであれこれ見ていると時間が無くなってきてしまい、結局ショップのお姉さんに「水族館に行くので」と説明して一緒に選んでもらったのだ。

『デートですね?』って聞かれたのを、必死になって否定しながら。

この作品のキーワード
結婚  社長  ウエディング