緒方さんはメールの印象とは大分違った。


もっと年上の人かと思いきや、年齢は菱川先生より10つ年上の35歳。


あの時はパニックで気にする余裕がなかったけれど、電話越しの声も若かったな。


ひょろりとしたモデル体型で、ゆるくパーマがかかった長髪を結わいている。髪色は明るめの茶色。

科学の研究者と名乗り、実験を繰り返すことが主なお仕事で大学の教授でもあるらしい。


この人と母の接点はいったい…。


「初めまして。大野花実(おおの はなみ)と申します」


出張先から帰ってきた緒方さんは私を見るなり、満足そうに頷いた。


「やっと来たか。まったく手のかかるガキだ」


あれれれ。あの丁寧なメールの文章は本当に緒方さんが書いたものかと疑う程に、乱暴な物言いだった。


「緒方だ。君の母親から世話を頼まれてる。いいか、俺にはワガママは言うなよ。俺を一家の大黒柱として敬え」


「は、はい」


居候の身分でワガママを言うつもりはないので、こくこくと頷く。



「なにか不満があったら、全部アイツに言え」


緒方さんはキッチンでお湯を沸かす菱川先生を一瞥した。

この作品のキーワード
年の差  女子高生  塾講師  先生  野いちご大賞  じれじれ