幼馴染み……


勿論、大好き。


なんだけど、


それが姉弟としてなのかご近所としてなのか


それとも


男女としてなのか、



わからない自分がいた。



三つ下だから、ちっさいときから知ってるから、弟のように可愛がってたから……



それが邪魔してたのかな?ほんとうがわからなかった。



でも、



ほんとうの気持ちがわかるときが、私にもやってきた。




目次

この作品のキーワード
短編  幼馴染み  年下  イケメン  地味子  告白