村人が『死の森』と呼び、誰も立ち入ることのない黒い森。

そこに誰が置いたのかわからないテーブルと椅子。

さあ、お茶会を始めましょう……。

身分も、秘密も、何もかも捨てて……。

選ばれし六人は、どんなお話をしてお茶会を楽しむのでしょうか?

特等席でお楽しみくださいーーー。

あらすじ

仕立て屋の一人娘のエリーゼのもとに、ある日一通の手紙が届く。

それは真夜中のお茶会に参加しないかというもの。

興味が湧いたエリーゼが指定された場所へ行くと、そこには五人の女性がいた。

そして六人のお茶会が始まったーーー。

この作品のキーワード
お茶会  復讐  手紙  真夜中  禁断  犯罪