**



そして、あっという間にパーティー当日。



何のために作られたのか、会場は学園内に併設された無駄に広いダンスホール。


そこに集まる9割以上が男性で、教職員を含めても、女性は限りなく少ない。



本音として、うるさい。


そして騒がしい。


そんな中、私は何をしているかというと……




ひょい、ひょいひょい、ひょい。


素早く食べ物が運ばれて行く先は、手の上の大皿。



取っては乗せて、また取っては放り入れる。


黙々と行われる作業。


続けるうちに、こんもりとお皿に盛られた豪勢な料理たち。


……否、ごちゃまぜで最早それが何の料理かも一見して怪しい。



そう、私は今まさに、料理に夢中だった。




「あ、天音…。なんや、えらい量やけどそれ全部食うのか?」


「無理、食べれない」


光邦の問いに返しながら、ぶんぶんと首を横に振る。


この作品のキーワード
元男子校  逆ハーレム  王子様  お姫様  優しい  無口  可愛い  ツンデレ  関西弁  イケメン