今、なんて言ったの?


数秒前に言われた台詞を理解できない。

それなのに鼓動だけが忙しないリズムを刻む。


「聞こえなかったか?」

丁寧に確認してくる余裕が憎らしい。


「だから俺と結婚しないか?」

低い声が耳朶を震わせ、ゾクリと背中に痺れが走る。


……なんの冗談?

「言っておくが、冗談じゃない」

私の考えなんてお見通しと言わんばかりに念押しされる。


「――詠菜(えいな)

まるで誘惑するかのような、甘い声。

骨ばった長い指が頬に触れる。


逃げなくちゃ。

この声に、目につかまってしまう前に。

これ以上惹かれてしまう前に。


「なにを言われても、俺はお前が欲しい」

色香を含んだ声が耳に響く。


「諦めるつもりはないから、さっさと覚悟しろよ?」

傲慢な口調に似合わない凄艶な眼差し。


本気で私を望んでいないくせに、想ってもいないのにそんな言い方をしないで。


でも、それはきっとお互い様。

私だってあなたを好きじゃない。

あなたの妻になんて、なりたくない。


……あなただけは絶対に好きにならない。