「もしかしたら、何か力になれるかも知れません」。

遠縁の松野三門(まつのみかど)からそう書かれた手紙が届き、とある理由で引きこもっていた中学三年生の中堂麻(なかどうあさ)は冬休みを彼の元で過ごすことに決める。

三門は「結守さん」と慕われている結守神社の神主で、麻は巫女として神社を手伝うことに。


しかしそこは、月が昇る時刻からは「裏のお社」と呼ばれ妖たちが参拝に来る神社で……?

妖と人が繰り広げる、心温まる和風ファンタジー。



*ファンタジー部門で野いちご1位、ベリカ6位を頂きました。ありがとございます。

*続編は野いちご・ベリカに掲載中!

この作品のキーワード
妖怪    神社  巫女  神主  ほっこり  日常  あやかし  切ない