決意も新たに、私は連日、ライと減量に励みに励んだ。
 体重の減り方が鈍くなり、苦しんだ減量の折り返し地点も、なんとかライと一緒にしのいだ。
 そうして減量も開始から二カ月が過ぎて、展望はパァーッと明るく開けてきた。
 私のがんばりは、きちんと目に見える結果となって表れる。こうなってくると、その結果がますます私を奮起させる。
 まさに私は飛ぶ鳥を落とす勢いで、グングンと上昇スパイラルにのっかっているのだった。
 ……へへっ。
 起きると毎日いの一番に、いそいそと姿見の前に向かうのは、もう習慣。そこで、くるりんとターンする。
 むふっ、むふふふふっ。
 私は今日も、姿見の中の自分にニンマリとご満悦に微笑んで、今度は体重計に跳び乗った。
 むほっ!
 体重計のメモリを目にした瞬間、ニマーンと頬が緩む。
 むっほっほっほっ〜。
 私は右手に意気揚々と羽ペンを掴むと、記録ノートに今朝の体重を記載した。