まわりのみんなに悟られないように、ひとり、葛藤していると。

篠宮くんが私に、淡く微笑みかけた────ように見えて。



ええっ。

私もここはなにか反応を返すべきなのかしら、なんてドギマギしたそのとき。



「朝陽! 電子辞書忘れてきちゃったから貸してくれない?」



私のちょうどうしろ、扉の方から篠宮くんを呼ぶ声がした。

思わず振り返ると、そこにいたのは、麗しきみなみちゃん。

ちなみにみなみちゃんは、隣のクラスだ。



「また忘れたのかよ」

「ごめんってば」




呆れたように笑う、篠宮くん。


そっか、篠宮くんはべつに私を見ていたわけじゃなくて。

扉の方にあらわれた、みなみちゃんのことを……。



そりゃあそうだよね。
うんうん、とひとり納得する。




少し拍子抜けした────がっかりしたのは、きっと気のせい。

ううん、きっと、じゃなくて絶対。




だって、きみと私は果てしなく遠い。

それでいいのだ。



太陽は触れられない距離にあるからこそ、
太陽なのだから。