「ねえ、明日、俺とデートしない?」

俺の言葉に、目の前の女はぽかんと口を開けた。

「え……アンタ、大丈夫?」

「大丈夫ってなにが?」

「ついに、頭わいちゃった?」

まるい顔が、心配そうに俺を覗き込む。

「わいてねーし。てか『ついに』ってなんだよ、まじ失礼だな」

「いや、童貞拗らせて、ついにマザコンになったのかと」

「……はあー」

思わず深いため息をついた。

平然と下品な言葉を吐くこの女は、残念ながら俺の母親だ。

「マザコンじゃねーし。あと、中2で童貞とか普通だし。てか息子の前で童貞とか言ってんなし」

「え、じゃあなんでママとデートなの?」

「……明日、3月9日だから」

俺がボソッと答えたら、母親の目が大きく大きく見開いた。