結婚して3年がたった。

いつもと変わらず、私は6時には起床し彼の

朝御飯を作る。

朝御飯が終われば、彼はすぐに身支度をして

会社に向かう。

私達の間には「夫婦の約束」というのがあっ

た。

『隠し事はなし、お互い全力で自分の成すべ

きことをやること。』
 
それが、私達のルールだった。

「いってきます。」

「いってらっしゃい!」

そして、後ろ姿を見えなくなるまで手を振り

見送った。

さぁ…、ここからが私の仕事の時間。

布団を干し、掃除機をかけ、お皿を洗い、沢

山の家事を次々とこなしていった。

休憩がないほど忙しい日々を送っていたが、

私はそれでもグッとこらえた。

だって、彼も今必死に働いているのだか

ら…。

だから、私だけが休んでいい訳がない。

そう思っていた……、あの姿を見るまでは。


この作品のキーワード
切ない  さよなら  別れ  浮気  呪い  残酷  冷たい  すれ違い  ドキドキ  怖い