多分、どっちでもなかった。

 彼は――拓也さんは、私が好きでも嫌いでもなかったんだ。
 好かれるメリットもなく、かといって嫌われるデメリットもない。

 そんな彼だから、私にアプローチしてきたんだ。

この作品のキーワード
青春  筆談