多分、どっちでもなかった。
 彼女は――志穂は、僕が好きでも嫌いでもなかったんだ。
 好かれるメリットもなく、かといって嫌われるデメリットもない。
 そんな彼女だから、僕はアプローチしたんだ。

『引っ越し?』

 父の言葉に、僕はそう紙に書いて聞き返した。

「あぁ。所謂転勤ってやつでな。場所は――」

 父が口にしたそこは、ここより随分と遠い県の一画。
 異動先の会社は近いが、懸念するべきことがあるのだとか。

「実はな……そこ、母さんと志穂が住んでいる場所なんだ」

 父はそう言った。

この作品のキーワード
青春  筆談