地球から遥か遠く離れた場所に、その星は存在する。

その星は地球からは見ることができない。そのため、地球にいる人たちは、誰もその星を知らない。

その星の名は、アデルバード。かつては「全ての楽園」とも呼ばれた星…。

しかし、この星にはある危機が迫っていた。これはその星に住む子供たちの物語ーーー。



アデルバードは、かつては緑に覆われていた美しい星だという。動物にとっても、その星に住んでいる人間たちにとっても楽園だった。

しかし、何千年も時をかけ、人々は暮らしを豊かにしようとしてきた。そしてアデルバードでは科学が発展し、人々は喜んだ。

それによって、この星が徐々に破壊されていくことを知らずにーーー……。

「……う…ん……。ゲホッ!ゲホッ!」

少年は、目を覚ました瞬間に激しく咳き込んだ。咳き込むことは珍しくはないのだが、今日は少し激しい。

少年は分厚いカーテンを開ける。紫外線を遮断する分厚いカーテンだ。

窓の外は、曇り空よりも暗い色の空が広がっている。これも珍しいことではない。仮に太陽が出たとしても、ジリジリと皮膚が焼けてしまうほどの灼熱が襲ってくる。

この作品のキーワード
  惑星  冒険  調査  対策  友情  化学