暖かくなってきた春の店先には、カラフルな花たちがよく似合う。

 優しいピンク色のチューリップや、淡いパープルカラーのストック。鈴のような可愛らしい白い花をたくさんつけている鈴蘭に、発色のいいポピーには見ているだけで元気をもらえる。


「オレンジ色ぽい花束、こんな感じのお造りはいかがですか?」

「うん、いいわね! 元気の出る感じで、お見舞いにぴったり! とても綺麗だわ」

「ありがとうございます! リボンも合わせてイエローとかにしますか? ビタミンカラーで」

「そうね。お姉さんセンスいいから、お任せする」


 お客様の満足そうな笑みを目にして、「ありがとうございます!」と奥のカウンターに踵を返す。

 駅から数分のところにある商店街の入り口に店を構える『フラワーショップ彩花(さいか)』が、私――山城未久(やましろみく)の職場であり、実家だ。

 家が花屋を経営している環境に育ち、高校を出て、特に疑問を持たず専門学校のフラワーアレンジメント科に進んだ。

 卒業後は、自営業の両親を手伝う形で店頭に立つ毎日を送っている。

 フラワーショップでの仕事は、一見、花に囲まれて華やかに見えるけれど、季節によっては過酷な仕事だ。

 特に真冬は酷で、水を取り扱うため冷えと手荒れに悩まされる。

 それでもやっぱり、花の中で仕事ができることは、私にとって幸せなことに変わりない。