診察が途切れ、デスク端に追いやったスマートフォンを手に取る。

 何の通知もない画面を目にして、小さく息をついた。


 唐突すぎたか……いや、焦りすぎたか……。


 彼女が紹介で診察を受けに来て数日……連絡先を渡すことに成功したものの、彼女からの連絡は未だ入ってこない。

 五月に入り、世間は大型連休中だから、どこかに出かけているのかもしれない。

 それとも、お店のことで忙しくしているのかもしれない。

 連絡をもらえない理由を都合よく予想しながらも、もしかしたら渡したメモに書いた番号やアドレスが間違っていたのかもしれない、なんて考えだす始末。

 何にせよ、気になってスマホを見る回数がここ数日格段に増えている。


 病院に行ったらいきなり連絡先渡されて、よくよく考えたら結構ヤバい感じだったか、俺の行動は……。


 紹介状の名前と年齢を見て、そして住所を確認し、首を傾げた。

 何度かお店で、彼女が〝未久〟とご両親に呼ばれているのを聞いていたからだ。

 まさか、そう思いながら診察室に迎え入れたのはやっぱり彼女で、顔には出せないもののかなり驚き動揺した。