「ありがとうございましたー」


 閉店間際、最後のお客様を店先へと送り出す。


「……よしっ」


 すっかり暗くなった商店街を帰っていく後ろ姿を見届け、今日も一日が終わったと小さく息をついた。

 お店の前に並べたアジサイの鉢を一つ一つ店内へと運んでいく。

 最後の鉢を抱えて入口へと振り返った時、背後から「まだ、大丈夫ですか」と声をかけられた。

 そのよく知る穏やかな声に、どきんと心臓が勝手に反応する。


「……樹、さん」


 振り返ると、そこにはいつも通りスーツをきちんと着こなした樹さんがひとり立っていた。


「こんばんは」

「こんばんは、いらっしゃいませ……」


 久しぶりのせいか、なぜか自分自身ぎこちなさを感じる。

 そそくさと鉢を運びながら「どうぞ」と店内へ促すと、樹さんは黙ってお店へと足を踏み入れた。


「昼間はありがとう。すごくきれいな、アジサイ」

「いえ……」


 鉢を置き、入口へと振り返る。

 樹さんは私のすぐそばまでやってくると、真面目な表情でじっと私を見つめた。


「それから……ごめんね」