受付同期の南 沙穂は、姉御肌の世話焼きで、麗香が最近元気がないことに気が付いている。

「麗香、合コンに行こうよ。私、設定するからさ。彼氏でも見つけて、短い人生楽しもうよ‼」

沙穂は毎週末に、合コンにフル参戦しているのだが、未だ彼女の王子さまは現れておらず、合コンの女王というニックネームがあるほどだ。

綺麗な見た目に反して男前の性格もあってか、社内外問わず、同年代の男性では自分に合わないのではと、沙穂自身も思っていた。