時は平安。
天狗は空を駆け、陰陽師は不思議な力を放ち、貴族はわが世を謳歌する時代。

藤盛の少将の娘、花菜姫、十九歳。
平成の記憶を持つ彼女は、貧乏ながら毎日を楽しく暮らしていた。

『それにしても姫さま、最初はどうなることかと思いましたが、
いまではこの畑なしではいられませんな』
『最高でしょ、家庭菜園』

そんなある日、花菜のもとに女官の臨時募集の話が舞い込む。

向かった宮中で彼女を待っているのは――。

民衆を救う謎の夜盗。
『嫌だと言っても攫いに行くぞ』

花のように美しい公達。
『私はお前が恋しい。恋しくて仕方がない』

夢か現実か。

ああ麗しの、王朝恋物語。

7/20 「おまけ 花は移ろへど……の巻」 追記しました。

☆…☆…☆…☆…☆…☆

2019.06.16 スタート
2019.07.05 完結

*--*--*--*--*

モユキッスさま、ももゆずママさま
レビューありがとうございます!

この作品のキーワード
平安時代    貴族  貧乏  ハピエン  陰陽師  身分差  F大賞1  ラブコメ