8月の第1週の土曜日。

今日は、庶務課となぜか営業2課との合同慰安旅行。

長野にある会社の保養所のバーベキュー場で、昼から夜までバーベキューをして一泊し、次の日は高原で適当に遊んでから帰る、という日程だ。

慰安旅行は毎年各部署ごとに暇な時期に行くのだが、今年は偶々営業2課と一緒の日だったため、では一緒に保養所でバーベキューでもという事になったらしい。

営業2課と一緒と聞いて私は即座に「今年はパスで!」と断ったのだが…。

「桃センパイがいないと、寂しい〜」
と散々恵利ちゃんに泣き落とされ…。

兄の光輝に
「社長の娘が慰安旅行をサボるなんてダメだ!」
と何故か家で怒られ渋々私は行く事にした。


そして…。
私は今なぜか…。

天敵の…水島大河が運転する大型ワンボックスカーの3列目のシートに、バーベキューの食材に囲まれ、スイカを抱きしめて座っていた。

運転席に大河、助手席になぜか庶務でも営業でもない、つい先日常務になったばかりの光輝、2列目シートに花蓮と悠太が座っている。

「なんか懐かしいね。このメンバーで保養所に行ったのっていつが最後だっけ?」
花蓮が楽しそうに言う。
今日も花蓮は綺麗だ。
飾りも何もない白い上質なシャツをさり気なく襟を抜いて着こなし、ショートパンツから伸びた長い足にはシミ1つない。

身長が10㎝以上高い花蓮と、座高が殆ど変わらない私って、どれだけ足が短いのよ!どれだけお尻のお肉が分厚いのよ!
でも…私の足は普通で、花蓮の足が長すぎるんだよね。

わかってはいるけど、同じようにショートパンツを履いた私は、花蓮の隣に並んで立つ勇気はない。

「お前達が中等部の1年くらいに、みんなで来たのが最後だろ?」
助手席に座る光輝が言った。

いつもはきっちり上げてワックスで固めている髪を今日は無造作に流し、シンプルなポロシャツに膝丈の短パンというラフなスタイルながら、先輩が言うキラキライケメンぶりは少しも損なわれてはいない。

「あいつが誘っても来なくなったからな…」
と運転中の大河がルームミラー越しに睨んでくるので、私はスイカを抱きしめたまま小さくなった。

大河は、体にフィットしたVネックの黒いサマーニットにデニムのアンクル丈パンツと、これまたシンプルな服装だが、まぁ…格好いい。
大嫌いだけど…。

「桃ちゃんだって、色々事情とか用事とかあったんだよね」
前の座席から私の方に振り向きニッコリと微笑む悠太につられて私もニコッと笑ってしまい、ルームミラーでそれを見ていた大河にチッと舌打ちをされてしまって、またスイカをギュッと抱きしめて小さくなった。

ちゃんと前を見て運転してよ!
ホント、大嫌い!

そもそも毎年夏に3家族合同で行っていた、ニタドリの保養所への旅行に私が行かなくなったのは、大河のせいじゃない!
大河が私の事を『双子の残念な方』なんて言うから!

私が家族旅行に参加しなくなり、私達が高等部に上がると光輝達も大学が忙しくなって、もう何年も保養所を訪れる事は、みんななかったようだ。

「はぁ。どうしよう…」
私はスイカを抱きしめて溜息を吐いた。

このまま大河の車で保養所に着いてしまう。
だから私だけ駅で降ろしてって言ったのに。

今日の朝まで、私は庶務係の人の車で、美波先輩や恵利ちゃんと保養所に向かうつもりだった。

だが早い時間に家に来た大河の車の3列目シートに私は強引に荷物と共に放り込まれ、2列目に花蓮と悠太が乗り込み、ガッチリとガードされて降りられず…。

「駅で降ろして下さい」
と言う私の抗議も…。

「食材の買い出しに人手が要るんだよ」
と大河に却下されて、今に至る。

美波先輩と恵利ちゃんに、大河達に拉致された、向こうで会おうね…ってラインを送ったら、ドンマイと芋虫のスタンプだけ送られてきた。

私がこの4人と同じ車から一緒に降りたら…、営業アシのお姉様方や、受付チームの斎藤さん達にまたなんて言われるか。
想像しただけで血の気の引く思いだ。

露骨に言ってくる人達はまだいいが…。
会社には他にも3人と花蓮の隠れフアンが沢山いる。

中等部の頃や、入社してからの嫌な記憶が蘇り、私は心の底から憂鬱だった。

兄に叱られようが、恵利ちゃんに泣かれようが、今回の慰安旅行は絶対にやめるべきだったのだ!