コンプレックス



「お、サオリちゃん。こんちわ」

そう声をかけられた。
こんちわ、とはいっても、日も落ちかけ、夜が差し迫っていた。
声をかけてきたのは、サッカー帰りの祐希さんだ。
タオルで額の汗をぬぐうその姿は、爽やかだ。

祐希さんは、お兄ちゃんの同級生で、高3だ。
毎日塾通いしていたお兄ちゃんが必死で目指した大学に、なんなく合格した、天才だ。
塾にも入らず、部活のサッカーに明けくれている姿ばかり見かけたのにさ。
今日みたいにね。
頭も良くて、スポーティーで、ハンサムで、優しいのだ。

おまけにバイトもしていて、お金も持っていた。
最新のゲーム機を手に入れたなんて話も、お兄ちゃんから噂で聞いている。

「なんであいつは部活やバイトに励みながら、するっと合格しちゃうのかね」
なんて、お兄ちゃんは愚痴っていた。


「あの、祐希さん……。マルージギャラティカル、買ったんですよね?」
最新のゲームソフトだ。
「あのゲーム、すごい気になってて……」

質問の意図を汲んでくれた祐希さんは、彼の自室へと招待してくれた。

この作品のキーワード
ホラー  短編  ショート  幽霊  怖い話  怪談  サイコ  意味怖  ミステリー  不思議