また今年もこの季節がやって来た。

ポストから取り出してテーブルの上に置いている私宛てに届いたハガキの差出人の名前を見て、私は溜息をつく。

このハガキを見るたびに、私の心は重くなる。

もう、いい加減毎年集まらなくてもいいのに。

ハガキの差出人は中学時代の同級生で、クラス委員をしていた永木由美。

毎年、年明けてすぐに中学校の同窓会があるらしく、今回のハガキの内容もその案内だ。

由美は、現在の私の連絡先を知る、唯一の人間である。
そして、当時の事を知る、唯一の友人だ。

由美以外の同級生達は、携帯の番号やメールアドレス、SNS等、連絡先を知らない。

何故なら私は、当時の誰とも繋がりたくなくてSNSをやっておらず、外で連絡先を聞かれても、携帯を持っていないで通している。

これは現在の仕事関係でも非常に重宝しており、変な奴に絡まれる事もなく、穏やかな毎日を過ごしている。

仕事関係では、会社から支給されている携帯で用事は済むし、ビジネス以外で外部の人と繋がる必要を感じないし、それで何か支障が出ているかと言われたら、答えはノーだ。

便利だからと依存したくないのだ。

今時の人達とは話題も合わないけれど、だからと言ってそれが苦痛とも思わない。

人と極力関わりたくない。