「わかば……将吾さんが結婚しちまったからって、死ぬな……っ」

あたしを抱きしめる(ひと)の声が震えた。