「いいの〜?帰しちゃって」


彼女が店を出た後、大学の後輩でもある、宮崎菖(みやざきあやめ)はニヤニヤしながらそう訊いた。


「よく言うよ。教授の話なんか持ち出して、居づらくさせたのはそっちだろ」


カフェオレを飲みながら不機嫌そうにすれば、彼女はしてやったりな顔つきをした。


「だって、可愛い従姉妹がプレーボーイの牙に傷付けられそうになってるのを黙って見てられなくて」

「誰がプレーボーイだ」

「堀川さんに決まってるじゃない」


顔を引き締め、真面目な表情で俺を睨み返した菖は、コーヒーのカップをトレイに置く。


「大学時代、散々女と遊び歩いてたでしょ。同じ学部やサークルの女子達から、いい噂聞いたこと一度もないよ」


まあでも、本当に御曹司だったから納得だけどね…と嫌味ったらしいにも程がある。


「相変わらず口も悪いが態度も生意気だな。お前くらいだぞ、今も昔も、『先輩』って呼び方をしない奴は」