翌日、ランチタイムに携帯電話が鳴る。

着信は、智くんのお母様からで。
 
「麻有ちゃん、ちょっと話したい事があるの。仕事の後、会えないかしら。」
 
「5時半過ぎなら大丈夫です。」


私は急に不安になる。昨日の幸せは やっぱり夢だったのかもしれない。

 
一緒に食事をしていた美咲に話す。
 

「絶対、反対されるんだわ。智くんから身を引いて、って頼まれるのよ、きっと。」私はすでに半泣きで。
 
「まさか、今時そんな事ないわよ。」美咲は呆れたように笑う。
 
「でも、家の格が違いすぎるもの。」私は言うと、
 
「家の格って。それこそ、今時ないでしょう。智くんの家って、どれほどの格なのよ。」

何も知らない美咲は、楽観的に言う。
 


「廣澤工業の社長なの、智くんのお父様。」


私の言葉に、美咲は驚いた声を出す。
 

「えー。また麻有子に驚かされた。智くんって、ただのエリートサラリーマンじゃないの?御曹司じゃない。」
 
「智くんは次男だし、会社は継がないって言っているけど。でも結婚相手って 家も関係するでしょう。」
 
「麻有子、すごい人 彼氏にしたんだね。」

と美咲は言った。
 


私は、お母様に会う事を 智くんに連絡した。

昨夜、私が帰った後 ご両親は喜んでくれたと、智くんは言っていたから。
 

《大丈夫だよ、麻有ちゃん。心配しないでおふくろに会ってあげて》


私は 智くんのように楽観的になれずに。

午後中 不安な気持ちで、全く 仕事に身が入らなかった。