『申し訳ありません、しばらくお待ちください』


コンシェルジュカウンターに、スペイン語を話すお客様が来られた。


近くに、スペイン語を話せる従業員がいなかったので、私は、すぐに話せる人を呼ぼうとした。


その時、私の前を、颯爽と通り過ぎる1人の男性がいた。


『総支配人!』


その呼び掛けに、すぐに反応して、総支配人がこっちに来てくれた。


『スペイン語、お願いします』


それだけ言うと、あっという間にスペイン語での会話が始まった。


お客様も、完璧なスペイン語を話す目の前の男性に感心したようで、笑顔で握手をかわし、満足そうに、その場を離れて行った。


『ありがとうございました』


我がグレースホテル東京の総支配人、深月 絢斗(みつき あやと)。


29歳にして、総支配人なんて、本当なら有り得ないかも知れないけど…


この人は、このグレースホテル東京の創始者、深月 栄作の孫に当たる、つまりは…