この数日、一花の様子がおかしいのはわかっていた。


それでも、俺に心配をかけないように笑顔で振る舞う一花が、いじらしかった。


何とかしないと…


そう思っている。


朝の朝礼が済んで、それぞれの持ち場に向かう途中、俺は、フロントの島田さんに声をかけられた。


一花がおかしくなったのは、島田さんに会った夜からだ…


一花は何も言わないが、2人に何かあったのだろうと、そう思ってる。


今日、声をかけられなかったとしても、近々、俺から島田さんに話を聞こうと思っていた。


『何かありましたか?島田さん』


『総支配人。お話し出来る時間がいつもなくて、お忙しい時にすみません』


『構いません、何でも話して下さい』


『あの…実は、私とコンシェルジュの松下さんは中学時代からの同級生なんですが、最近、松下さんの様子がおかしくて、私…ちょっと心配してるんです』