コンシェルジュのカウンターには、もう茅野君が来ていた。


『おはようございます、松下さん』


昨日のことは、まるで何もなかったように、笑顔で挨拶してくれた。


『おはようございます、茅野さん』


私も、あえて何も言わなかった。


今は…


このままで…


茅野君のことは、良き同僚として、これからも仲良く、仕事を頑張って行きたい。


それが、今の私の気持ち。


その時、ふと、頭に絢斗のことが浮かんだ。


今日は、休みで、絢斗がいない。


やっぱり…


寂しい。


あの顔を見たら、今日も1日頑張ろうって、そう思えるのに。


でも…


あと少しで、私は、引越して、毎日、絢斗と一緒にいられる。


あの、凛とした超イケメンの絢斗と、この私が、2人きりで暮らすなんて…


想像しただけで、顔が赤くなって、心拍数が上がる。


だけど、1人で勝手にドキドキしてるだけで、絢斗に『冗談だよ、何、本気にしてるんだ?』なんて言われたらどうしよう…