「私、今からお昼なんです。
坂上先生、もう食べました?」

「うん。三隅先生と山下先生と。」
気にせず食べてねー。と言う。

「誰も聞いてないんだし、
普通に話してよ。」

「……わかった。
聖くん、牛乳たっぷり入れるよね?」

「うん。ありがとう。」

ここは私の母校だけど、
坂上先生、こと、聖くんにとっても母校。

この学校、職員の大半は、卒業生だったりする。
ちなみ、現在の校長は、私の6年生時の担任。
教頭は入学した時の担任だ。

恩師が上司。
一見、ややこしそう…と思われそうだけど、
ここでは結構普通。

聖くんは私の2つ上の先輩。
私が幼稚園の年少の時、年長さんだった。
20年以上の付き合いになる。

さっきのはそう言う意味。

私の父がこの小学校の歯科検診を
一手に引き受けている校医の枚岡先生。
母は虫歯ゼロ週間の歯磨き指導をしている、麻衣子先生。
私は保健室の結衣子先生。
子供達だけでなく、
先生方からもそう呼ばれている。

いつも私と光太郎は
保健室で母の仕事が終わるのを待っていた。
それが今の仕事に繋がっている。

“保健室の先生”に憧れて、
迷うことなく養護教諭の資格を取った。

小さい頃からずっとお世話になっていた、
前任の前川先生が定年退職された。
そのタイミングで、私が大学卒業。
後任に私を指名してくれた。
有り難いお話だった。

サマーキャンプや修学旅行の同行時には、
前川先生が代理をしてくださる。
まだまだお元気で、
ずっていてくれたらいいのにって思う。