それから三時間ほど愛孫の美暖の愛らしさを堪能して、真島夫妻と勇気、毬ちゃんは真島本家に帰っていった。

「美暖ちゃん、元気でね。また会いに来るから」

「そうね。すぐに会えるわ」

名残り惜しそうな勇気を連れて、案外、呆気なく真島夫妻は真島分家を去っていた。



「やっと俺達だけになれたな」

日葵を抱き寄せ、頭や顔中にキスをする陽生。

美暖はベビーベッドでスヤスヤと眠っている。

「ちょ、ちょっと、陽生さん。柊くんもいるんだよ?」

何か物言いたげにジーっと二人を見つめる柊の視線を感じて、日葵は焦って陽生を押し退けようとする。

「何だ?柊、羨ましいのか?」

日葵をホールドしたままジロリと柊を見る陽生に、柊は

゛アホらしい゛

と言いたげな顔をして自分のゲージのある別室に戻っていった。

・・・よっぽど柊の方が大人である。

「もう、陽生さんたら・・・あっ・・・ん~」

激しいフレンチキスが日葵を襲う。

「日葵不足でどうにかなりそうだった・・・日葵、日葵・・・」

日葵の妊娠が発覚してから、陽生が性的に我慢を強いられていることは日葵も承知していた。

だが、我慢している立場としては日葵も一緒のはず・・・。

いや、男と女は厳密には違うのだろうが、知性のある人間だもの、そこは理性で乗りきってもらうしかなかった。

「陽生さん、今までいっぱい我慢してくれてありがとう。でも、体力が戻るまではもう少しだけ、我慢してくれるよね?いっぱい触って、キスしてもいいから」

上目遣いで抱きついて甘えれば、陽生は日葵に容易く陥落するだろう。

「抱きたいわけじゃない。ただ俺の日葵だって感じたいだけだ」

ジーン・・・と陽生の言葉が日葵の胸を打つ。

「いつだって陽生さんの日葵だよ」

「日葵、世界で一番愛してる」

母親と父親になっても、やはり二人はバカップルのままであった。

しかし、そうは問屋がおろさない。

策士な真島家の面々が、愛しくて大切な美暖と日葵を簡単に諦めるはずはなかった・・・。

陽生の望む穏やかな日々は、ジワジワと侵食され始めていた。