昨日のニュース速報が始まりだった。


蓮は、海斗の番組をいつもの様にテレビ局の自分の部屋で見ていた。

番組終了5分前ニュース速報が入る。

ニュースの内容が気になる蓮は、モニターに注目する。

「世界的な写真コンテストにおいて、日本人の受賞が決まったようです。過去にこのコンテストにおいて、日本人が受賞した事はなく快挙です。」と海斗が伝えている。

蓮もこの後、自分の番組があるので内容が気になったが、事件や事故、災害でなかった事にホッとする。

手元のスマホで写真コンテストの概要を調べようとモニターから目線を外した。

がモニターの中から「桐島さん?」と呼ぶ声が。

視線をモニターに戻すと…

思わず立ち上がり頭が真っ白になった。

海斗が部屋に飛び込んでくるまで、呆けていたのだ。

あの写真を見た瞬間を思い出すと今でも胸がドキドキする。

その後の海斗には、本当に感謝している。

情報収集から社長に交渉、飛行機の手配もしてくれた。