奈々達の荷物も無事に届いた。

日曜は、片づけて終わってしまった。

明日から蓮はまた仕事。

もっと、ゆっくり家族で過ごしたいと思ってしまう。


そしてもうひとつ大事なこと。

「奈々、すぐにでも籍を入れたい」

「蓮が良ければ、私はいつでもいいよ」

「じゃあ、明後日の7月7日にしないか?」

「私の名前みたい。しかも七夕。ロマンチックだね。明日、凛と役所で書類もらってくるね」

「ああ。頼む。凛の認知の件も一緒に忘れないでくれな」

「は~い」


やっと、やっとだ。

事実上はもう夫婦だが、これで法律上も夫婦であり親子になれる。