『気持ち悪い』

『死ね、異常者』

『馬鹿じゃん、現実見な』

Twitterに送られた誹謗中傷のDMを一つずつ読んでは、消していく。

ーー気持ち悪い、か。

別にこういうコメントばかり来るわけではないし、勿論「気にしないでください」みたいな温かい言葉をくれるファンもいるけれど。自分に向けられた言葉だからこそ重く受け止めてしまうし、不器用な僕にスルー出来るわけもない。だからこそ読んでしまうのだと思う。



僕は、いわゆる女装男子だ。

この作品のキーワード
女装男子  男の娘  青春  女装  SNS  自撮り