あの頃、体が弱かった私に付き合ってくれていた彼に
私はもう一度逢いたかった

懐かしいおはじきと共に、君の温もりが再び――――


目次

この作品のキーワード
思い出    未練  短編  切ない