お見合いから三日後の夜。
透さんからメッセージがきた。母と姉と三人でリビングにいたが、自室へ戻り、緊張しながらスマホを開く。

【こんばんは。また会いたいんだけど、土曜日誘ってもいいかな】

最初から本題が記されたメッセージに、ドキッと胸が鳴った。
この感じ懐かしいな。昔は手紙だったけど、透さんの文章はいつも私の心を揺さぶってくる。

しかし短い文章をジッと読み込むが、誰への誘いなんだかよく分からない。
誘ってもいいかっていうのは、美砂を?

【こんばんは。姉をですか?】

素直に尋ね、返信を待つ。
するとすぐに。

【沙穂ちゃんを】

ひゃあ……!

今度は取り乱してスマホが手の上を跳ねて宙を舞い、ベッドの真ん中に落っこちた。

なんで私? あ、そうかカモフラージュのため? まずはきちんと私の婚約者として振る舞っているのかな。それか、会って作戦会議とか。

私はベッドにうつ伏せになってスマホをたぐり寄せ、深呼吸をして返事を打つ。

【もちろんです。土曜日ですね。どこで会いますか?】

話し合うならどこかのカフェか、人に聞かれたくなければ個室のレストランがいいかな。これは私がオトワホテルを手配すべきだよね。