(ユキ、すごい格好良くなってたな…)

 ふと、雪哉の驚いた顔を思い出す。
 昔から顔立ちは整っていた。中学生になった頃は、学年で1番格好いい男子に雪哉の名前を挙げる友達も多かった。
 雪哉とはほんの数秒目が合っただけだが、今はその『格好いい』に磨きがかかって、更に洗練されていたように感じた。

(ユキは、あの約束……)

 懐かしい記憶に思考を引っ張られる。綺麗な箱に封印して、厳重に鍵をかけたはずの『約束』がまた騒ぎ出す。

(……ううん、だめ…)

 先程、どうして雪哉は自分の事を探さなかったのだろう、と思ってしまった。

 けれどよく考えたら、仮に探されていたとしても愛梨の方が困っていたかもしれない。愛梨と雪哉は、もうかつての幼馴染み以上の関係にはなれない。愛梨には今、大切な恋人がいるから。

(絶対に、開けたらだめ)

 わかっている。
 もう、どうしようもないぐらい。

 なのに、綺麗な装飾を施して美しく着飾り、厳重に鍵をかけた約束の小箱が、外に出たいと暴れて動き始めている。開けたところで何が変わるわけでもない。むしろ弘翔の事を考えると、変えてはいけないのに。

 ぎゅっと目を閉じ、思考を振り払う。

『愛梨。俺、絶対に愛梨を迎えにくるから。待ってて』

 目を閉じて視覚を遮った所為で、かえって聴覚が研ぎ澄まされたのか。
 小箱のわずかな鍵穴から、真剣で無垢な中学1年生の雪哉の声が聞こえた気がした。