「……好きだよ」


ちゅ…というリップ音に心が騒ぎだす。


両想いだとお互いに認識してから、恐ろしいほどに甘い日々が続いていた。


「……緊張する…むり…」

「………今更…?」


無理なものは無理だ。ろくに恋愛なんてしてこなかったし、ましてや相手は新だし。


「本当、純連って可愛いよな。」


頬を撫で、それからゆっくりと耳を指先が這う。優しく侵食するように触れながら、新は私から目を離さない。

柔和な笑みを浮かべ、彼は言う。


「世界一幸せにしてやる。」


うん。……ん?

今時、こんなセリフを吐く王子様みたいな人は存在しませんよ?

なんて心の中で悪態をつくけれど、正直、喜んでいる自分がいることも事実。


「………新、前に私に『キャラがブレすぎ』って言ってたけど…新も大概だよ?」

「……純連と一緒にするな」


突っ込みたいところが満載だ。

まず、目の前にいる人は本当に『藤堂 新』なのだろうか。

おかしいくらいに甘々。新の大好物、名店『鏡秋』のモナカよりも甘い。


あぁ…でも…。


たまにこんな表情で私のことを見つめていたっけ。


「……新と話したいこと、いっぱいある。」


数ヶ月前まで、新に抱いていた感情は『憎しみ』だけだった。

無知なままなんて嫌だ。


「俺も、純連に話したいことが沢山あるよ。謝りたいことも、伝えたい気持ちも。」


きっと内容は同じようなものなんだと思う。数年前の、あの時の話だろう。


「うん。」

「どんな話でも、ひとつだけ純連には覚えていてほしい。」



「俺はいつだってお前を想っていたよ」



胸が擽ったくなる柔らかな声音と甘い言葉。




この日は、驚くほどに静かな夜だった。