バーから自分のオフィスに戻った遥。

オフィスには悠里がいた。

「悠里遅くまでどうしたの?」

「ちょっと、急ぎの仕事が終業間近に入って残業になっちゃった」

「お疲れ様」

「それより遥、顔赤くない?」

「……」

「遥が動揺するなんて珍しい。白状しなさい」

「それが…」と翔とのやり取りを話した。

「とうとう、御曹司が動き出したんだね」

「何それ。本気じゃないだろうし、すぐ忘れるよ」

「かなり本気だと思うわよ~」

「…。どうしよう」

「遥はどう思ってるの?」

「派遣先の副社長で仕事の出来る人」

「好き嫌いは?」

「考えた事もなかった」

「じゃあ、考えてみることね。男前で御曹司。言うことないじゃない。本当の遥も理解してもらえる存在かもしれないよ」

「……」

親友の初めての恋も近いかも知れない。