だが、翌日からそれ所じゃなくなる事態が…

翔も遥もいつも通り仕事をしていた。

午前10時、内線が鳴る。

「秘書室西園です」

「受付の藤田です」

「お疲れ様です」

「それが…」藤田さんの戸惑った声が聞こえる。

「どうされました?」

「副社長宛てに島崎紀子様が来られておりまして、アポはないそうなんですが、副社長の婚約者だから案内するようにと(おっしゃ)っているのですが、お通ししても大丈夫でしょうか?」

「はい?婚約者ですか…」昨日の派手で常識知らずの顔が浮かぶ。

「そう仰ってます」

「…。副社長に確認しますのでお待ちいただいて下さい」

「わかりました」