ダークグレー色のフォーマルスーツがとてもよく似合う蓮斗さんの腕に手を添える。

結婚式以外の華やかなパーティーに参加したことがない私の足は震えた。


『緊張します」

『大丈夫だよ。俺のそばにいるだけでいいからね」


パーティー会場内に足を踏み入れるのに躊躇ってしまう。だけど、蓮斗さんの動きに合わせた。

中に入ると、私たちに気付いた年配の夫婦が声を掛けてきた。


「蓮斗くん、久しぶりだね」

「塚本さん、ご無沙汰しております」

「そちらの方は?」

「紹介させてください。私の婚約者である野崎明日花さんです」


蓮斗さんが私を紹介すると、周囲がざわめいた。どうやら私たちは注目を浴びていたようだ。

注目されていることに怯んで顔を俯きたくなったが、しっかりと上げた。蓮斗さんに迷惑をかけないよう、堂々としなければいけない。


「はじめまして、野崎明日花と申します。どうぞよろしくお願いいたします」

「こちらこそよろしくね。可愛らしいお嬢様だね。野崎さんのご両親は何をされて?」

「えっ?」


私の両親?

何をされてって、職業を聞かれている?

どう答えていいか戸惑い、蓮斗さんを見る。彼は質問した塚本さんという男性に微笑む。