瑠奈の住むマンションは、『アマリリスタウン』という高級住宅街にある。

この街は五年前に開発され、マンション以外にショッピングモール、病院、公園、図書館、幼稚園と生活に必要なものが大概揃っている。

そして、建設に大きく関わった不動産会社は、瑠奈の旦那さんの会社。

アマリリスの花言葉は‘輝く美しさ’で、初めてこの街に入ったとき、眩しいと思ったものだ。

周囲の地域との境い目にはたくさんの木々が植えられていて、この街を守っているように見える。

ショッピングモールはここの住民以外も利用できるが、その他のほとんどは住民限定となっている。

蓮斗さんとは、マンション内にあるカフェで待ちあわせしていた。このカフェも住民限定だが、住民から招待されていれば入店できる。

セキュリティがしっかりしていて、入り口で名前を告げ、身分証を提示。

吹抜けで開放感のあるカフェは隣の席との距離があり、ゆったりとしていて落ち着いた空間だ。

すぐに蓮斗さんの姿を発見できたので、スタッフの案内を断り、進んでいく。