「おめでとうございます。元気な男の子ですよ」

予定日を2日ほど過ぎて産気づいた紬。ちょうど二人で自宅にいたタイミングだ。
予定通り、立ち会い出産に臨むべく、紬を病院へ連れていった。

紬のはち切れんばかりのこの大きなお腹を、次に見るのは……
まあ、そう遠くはないかも。数年後だろう。ベットの上での紬の可愛さを見てたら……

いや。一人っ子で終わらせるわけがないってことにしておこう。断じて、我慢できないからではない。


なんて考えているのは、余裕があったからではない。ここで慌てて、情けない姿を見せるわけにはいかないと、自分を落ち着かせるために、あえてエロいことを……

いや。現実的なことを考えていたのだ。



初産にしては順調にお産の進んだ紬は、それほど待つこともなく分娩室へ向かうことになった。

でも、順調とはいえ、紬は痛みに呻き声を漏らし、額にはびっしょり汗をかいている。
男の俺には、手を握って汗を拭いてやるぐらいのことしかできず、非常にもどかしい。