「僕に逆らわないでね?だって僕はもうこの国の王なんだから」

宝冠を被り、そう微笑む彼。彼がどうやってその座を手にしたか知っている私はただ彼を睨むことしかできない。

「君は僕の婚約者になったんだから……」

誰があんたに溺れるもんですか。






目次

この作品のキーワード
国王  略奪  幽閉  狂愛