すらっと縦に長いシルエット。
髪色は……グレー?

一瞬、きょとんとしたけれど。



「あっ」



切れ長の目。

ツリ目気味で、眼光がちょっと……いや、かなり鋭い。


ほりが深くて目鼻立ちが特徴的で、うーんと、言い方がアレだけど、コワモテという部類に入ると思う。

そして、その特徴的な顔立ちは。




「────(ろう)、くん?」




もしかして、が確信に変わる。

きっと、じゃなくてぜったい、そう。
忘れたくても、忘れられなかったんだもん。

間違えるはずもない。


近づいてくるそのひとに、今度こそ声を張ってお腹の底から。



「狼くん!」

「……」




すたすたすた、と物凄い早足。

いや、早歩きに見えるけれど、足が長くてリーチが大きいだけかもしれない。



────じゃない、注目すべきはそこじゃくて!



すたすたと、彼は私の真横を振り向きもせずに、通り過ぎたのだ。

完膚なきまで、完全なスルー。



「っ、あの! ちょっと待ってください、聞こえてますよね!?」



どこからそんな勇気が湧いてきたのかはわからない、けれど。

思わず、彼のシャツの裾を引っ掴んで、遠ざかっていこうとする背中をその場に縫いとめる。