謙太郎は、

(まだ、響に俺の気持ちを言えない)

と思った。

こんな自分が中途半端な状態で、こんな真剣な気持ち言えない。
でも絶対響は離さない。

暗澹たる気持ちで、なのに妙に明るい決意で、謙太郎は笑った。

響は、謙太郎の事情も気持ちも知らないのに、核心をついてくる。

そして、自分だけで密かに決心した気持ちを後押しするように、目の前で、響は謙太郎だけを見て、じーと謙太郎の気持ちだけを考えてくれていた。

穴が空くほど、じっと見られて、謙太郎の行動に一つ一つ反応して、赤くなったり照れたり、何か考えたり、その全部がたまらなかった。

響を手に入れて響と幸せになるために、謙太郎は自分の決意が揺らがぬよう強く願った。